銀行カードローンの魅力

銀行カードローンを視野に入れて借り入れを比較する

銀行や消費者金融でそれぞれの条件比較をする

キャッシングを考えたときには比較サイトで内容をチェックして情報を整理してから借り入れをしましょう。CMや電車での吊り広告で馴染みの名前だとつい気を許してしまいますが、いざ借りるとなったら少しでも自分の条件に合う会社でキャッシングすることで、スムーズな借り入れと返済が可能になるといえます。

 

比較サイトで確認すべきポイントは・直ぐに借りられるか・必要な書類は何か・所在確認の電話や郵便の有無・利子はどれくらいか・返済方式、返済方法は・無利息期間の有無・同じ金額を借入れたとして月々の最低返済額の違い・返済期間の違い・最終的に支払いが多くなるのはどこかといった基本的なことです。

 

その上で、自分の条件で申し込んだ場合の借入の限度額が、各社それぞれ幾らになるのかを確認するとよいでしょう。

 

毎月の返済額が低額だからといっても最終返済額が数万円も変わってくるのが現状です。キャッシングの比較サイトではこれらが分かり易く解説されていますので、目先のことだけでなく長期的な返済計画を考える場合にも役立ちます。

 

銀行はオリックス銀行カードローンのように低金利ですが審査が厳しくなり、消費者金融は審査が緩めとはいえ金利が高くなる傾向ですが、同金額の借入でも返済回数によっては最終的な支払いが銀行より消費者金融の方が少なくなることもあります。思い込みで決めずに比較サイトを利用して、気になる点はしっかりと確認しましょう。

 

ただし、早くに借りたい場合には消費者金融大手のプロミスのようなキャッシングが便利です。土曜日や日曜日でも利用が可能となるため、週末にも対応が出来る契約機の場所や情報を福岡市博多区のプロミスで予め確認をしておくと役立ちます。

複数のカードローンを一つにまとめるおまとめローン

複数の金融機関の借金をまとめたい人にとって心配なのが、おまとめローンの審査です。新たな借金ができなくなっておまとめローンを考える人も多いです。しかし、おまとめローンの審査は、通常のカードローンの審査より優しくなっている可能性も高いことをご存知でしょうか。

 

おまとめローンの場合は、消費者金融であっても年収の1/3を越えた借入ができないという総量規制の影響を受けないのです。また、先方も目的が複数の借金を一本化することだとわかっています。したがって通常のカードローンより、借入の件数や履歴などには厳しくないことが多いのです。

 

ただし、これは借金を一本化したいときちんと申告したときに限ります。おまとめローンを申し込む場合は、借金一本化の意志と、返せる能力を示すことが大切です。

 

返済の3ヶ月以上の延滞のある方には審査が厳しいことが多いです。また、やはり年収に対して借入総額があまりに高い場合は良くない返事を貰うことがあるでしょう。

 

気をつけたいのは一度にたくさんの金融機関におまとめローンの打診をすることです。個人信用情報には、金融機関に申し込みをした履歴が半年程度残っています。一度に手当たり次第借金を申し込んだという事実は審査に落ちる原因となることが多いのです。借りたい金融機関は1社か多くても2社程度にしぼってから申込みをしましょう。

 

消費者金融でおまとめローンの利用を検討するなら、店舗をまずは探さなければなりません。消費者金融でおまとめを利用する際には来店が必須となる場合が多いので、大手プロミスで借りるならプロミス札幌のサービスプラザで有人の店舗を見ておいてください。